大根と生姜の味噌炊き込みご飯

「材料」 
 米1合に対して
 ・大根  5cm幅1切れ
 ・油揚げ お好みで
 ・生姜  1片   ・味噌  大1
 ・しょうゆ大1/2  ・酒   大1/2 

 

 

 

 

 

「作り方」
①研いだ米に通常通りの水を入れて浸水しておく
②大根は皮ごと約1cm幅の角切りに、生姜は千切りに油揚げはお好みの大きさに切る。
③①に味噌、しょうゆ、酒を加え②を混ぜ炊き上げる。
 

お好みで生姜を増やし、薬膳ご飯としてもお楽しみ下さい。  (づま)


豆腐の冷たいトマトスープ

「材料」 
・トマト(へたを取り冷凍)1個
・絹ごし豆腐      1/2丁
・だし汁       1カップ
・しょうゆ みりん   各小1
・塩 少々  ・青じそ 1~2枚

 

 

 

 

 

 

「作り方」
①調味料をよく混ぜ合わせる。
②豆腐は1cm角に切り①を加えて冷蔵庫で冷やす。
③器に②を注ぎ、凍ったトマトをすりおろしてのせる。 

 

凍らせたトマトの食感も楽しめます。少し濃い味付けにして素麺のつけ汁にも!

                                          (づま)


車麩のごまステーキ

「材料」 
 ・車麩   2枚
 ・炒りごま 適量
 ・調味料 醤油 大2、みりん 大1.5、水 大さじ9
 ・小麦粉  1/4カップ

 

 

 

 

 

 

「作り方」
①調味料を合わせ車麩の両面を漬し、下味をつける。
②小麦粉と水60mlを合わせてのりを作り、車麩の両面につけ、炒りゴマをまぶしつける。
③フライパンに油をひき、ゴマが取れないように中火で片面を一度ずつ焼く。

 

 調味料に生姜の絞り汁を入れても良いですね。   (づま)


卯の花まんじゅう

「材料」 
(中身)
・卯の花残り (饅頭の皮)
・薄力粉 100g
・砂糖35g  ・お湯  30ml
・重曹 小1  ・酢 小2

 

 

 

「作り方」 
①砂糖をお湯で溶かし重曹を酢で溶かす
②薄力粉に①を混ぜる
③打ち粉をした台に8等分して卯の花を包む
④強火で10分蒸す (クッキングシートをひく)

 

多く作ってしまった卯の花で軽食を作りました。  (づま)


たけのこメンマ

「材料」 
・たけのこ  200g  ・水     80cc 
・酒     80cc   ・醤油    20cc
・みりん   20cc   合わせて1カップです
・ごま油     大1  ・ラー油     小1

 

「作り方」
①たけのこは下茹でして薄く切り、炒める
②残りの材料を合わせて煮汁がなくなるまで弱火でじっくり煮る

 

 

たったこれだけで、ごはんにぴったりのおかずになります。

ニンニクで炒めると、また一味変わっておいしいですよ。(づま)


ふきのとう味噌

「材料」 小タッパー1ヶ分
・ふきのとう 小10ヶ(30g)
・赤味噌   60g   ・三温糖   30g
・酒     15g    ・味醂    10g

 

「作り方」
①洗ったふきのとうを熱湯で2~3分茹で、水にさらします。 しっかりアクを抜きたい方は1
 時間程度水にさらし、風味豊かに仕上たい時は荒熱を取る程度水にさらしてください。
②ふきのとうの水気を絞って切り刻み、油で炒め火が通ったら、味噌・三温糖・酒を合せて練り
 粘度が出たら味醂を加えて仕上げます

 

蕾を刻むと台所中が春の香りに包まれます(づま)


ポエム菜の春巻き

「材料」 ※2人分
・菜の花     1/2束
・もやし     100g   
・鳥肉(ささみ) 40g 
・ライスペーパー 2枚
・マヨネーズ   少量  ・わさび  少量 

 

 

 

 

「作り方」
①湯を沸かして菜の花に軽く火を通して水気を 絞っておきます。
②もやしは水洗いをして水気を切っておきます。
③鳥肉も湯通しして水気を切っておきます。
④ライスペーパーに水を霧吹きして①~③の具材を巻き上げて、3等分に切り分けます。
⑤マヨネーズとわさびを混ぜ合わせて春巻きにかけて出来上がり。

 

菜の花のほろ苦さが春を感じさせてくれます。 もやしは流行りの自家製スプラウトで準備でき
たら素敵ですね。 生のもやしのシャキシャキ感を楽しんでください。   (づま)


だいこんの節分揚げ

「材料」 ※2人分
・だいこん    1/4本
・枝豆      100g(茶碗半分程)   
・梅干      お好みのもの10ヶ程 
・てんぷらの衣  冷水、卵、薄力粉
・揚げ油     適量
・塩       少々 

 

「作り方」
①だいこんは5mm程度の細切りに、枝豆は火を通して豆を取り出しておきます。
②だいこん、枝豆をレンジに1~2分程度かけてから布巾等で余分な水分を除きます。
③梅干は種を除き、1粒を4つぐらいに刻みます
④だいこんの半量を枝豆と、半量を梅干と混ぜて、てんぷらの衣をつけてかき揚風に揚げます。
⑤枝豆揚げは塩をふります。

 

切干だいこんでもOKですが、生であればオニオンリングのような食感が!!  

水分が多いため出来立てを召し上がってください。   (づま)


雪下きゃべつのホットミルク雑炊

材料」 ※2人分
・雪下きゃべつ  200g
・かぼちゃ    150g   
・ハムやベーコン 4、5枚 
・ごはん     お茶碗一杯
・牛乳      400cc
・調味料     ケチャップ、塩コショウ  

 

 

 

「作り方」
①雪下きゃべつ、かぼちゃ、ハム等を小指の爪ぐらいに小さく刻み、油をしかずに弱火の

 フライパンで火を通す。
②手鍋で牛乳を温め沸騰しそうになったら①の食材とごはんを手鍋に入れて弱火で4~5分

 ほど焦げないようにかき回し続ける。
③味を見て調味料を加えて混ぜる。
  酸味・甘み・塩気 → ケチャップ大さじ1
             (塩+トマトでもOK)
  塩気だけ     → 塩コショウ少々

 

御歳暮のハムなど消化したい時にどうぞ。 雑炊なら正月疲れの胃腸にも優しいですよね。(づま)


豆腐と長ねぎのあったかとろ~り生姜スープ

「材料」 ※4人分
・豆腐      1/2丁  ・生姜  2片  ・長ねぎ     1/2本
・鶏がらスープ  800cc ・塩、胡椒 適量
・水溶き片栗粉  大さじ2~3

 

「作り方」
①鶏がらスープに細かく刻んだ長ねぎを入れて火を通してアクをとる。
②塩、胡椒でスープの味を調節する。
③生姜は1片半をおろし、残りは細切りにする。
④どちらの生姜も鍋に入れて一煮立ちさせたら火を止めて小さい(5mm程度)

 さいの目切りにした豆腐を入れる。
⑤水溶き片栗粉を入れて軽く混ぜる。

 

とろみがあるので温かさが持ち、生姜の効用で体がぽかぽかになります。ひき肉を

加えて醤油味醂で味付けすれば美味しい丼にもなります。   (づま)


牛蒡と薩摩芋の甘辛揚げ焼き

「材料」
・牛蒡   1/2本    ・醤油  大さじ2
・薩摩芋  中1本   ・みりん 大さじ2
・片栗粉 適量     ・砂糖  大さじ1
・油    大さじ5   ・酒   小さじ1

  

「作り方」
①牛蒡を厚めのささがきにしてアク抜きをする。
②薩摩芋も牛蒡と同程度の大きさ・厚さにカットする。
③醤油、みりん、砂糖、酒を混ぜておく。
④フライパンは油をひき、180℃程度に。
⑤牛蒡・薩摩芋の水をしっかり切って片栗粉をまぶし、手早くフライパンに移して

 揚げ焼きにする。 (低温、油が少ないとくっつく)
⑥色よく焼きあがったら、調味料を絡めてごまをふって、できあがり!


里芋と豆腐のもっちりおやき

「材料」
・里芋   5~6個程度   ・木綿豆腐 半丁  ・みそ   大さじ1
・みりん  大さじ1      ・砂糖   小さじ1  ・白ごま  小さじ1

 

「作り方」
①豆腐はしっかり水切りをする。
②味噌、みりん、砂糖を混ぜ合わせ、軽く炒った白ごまを加えておく。
③茹でた里芋と豆腐を潰して混ぜ合わせ、更に②で作った味噌だれを加えて混ぜます。
④後は油を引いたフライパンで両面焼き上げて完成です。

  (少し薄めに作った方が美味しいです)


おくらソース

・おくら 300g  ・鰹節 10g  ・生姜  一片  ・濃口醤油 大さじ3
・水   300cc ・コチュジャン 少々

  

「作り方」
①ガクを落として板ずりしたおくらをそのまま洗わずに熱湯で2分ゆで、

 水気を切って粗くみじん切りに。 

 全ての材料を軽く混ぜて、一晩冷蔵庫で寝かせて出来上がり。


ロングヒット!きゅうりの佃煮

「材料」
・きゅうり 2本    ・塩こんぶ 20g
・鷹の爪  1ヶ    ・生姜   20g
・調味料 (醤油 大2、砂糖 大2、酢 大3、味醂 大1)

 

「作り方」
①スライスきゅうりを塩もみして冷蔵庫で一晩寝かせます。

②調味料を鍋で火にかけ、温まり始めたら水気を固く切った

  スライスきゅうり、千切り生姜、輪切りの鷹の爪を鍋に投入

  し煮汁が無くなるまで混ぜ続けます。
③水気が飛んだら火を止め、塩こんぶを入れます。
④粗熱がとれたら密閉容器で冷蔵保存しましょう。

 

親しみ易い味付けと快い食感で、ごはんのお供に良く合います。余してしまったきゅうりはこれで解決!(づま)


わさマヨアスパラ

「材料」
 ・アスパラガス
 ・炒め油(極少量)

 ・わさびマヨネーズ
    (わさび1:マヨ10)

 

「作り方」
①アスパラガスを"蒸し焼き"にして粗熱を取る。
②わさびマヨネーズとあえる


ごはんと相性抜群ですよ。下郷産アスパラは極太(親指超)ながら茎までやんわりです。(づま)


ズッキーニ・オムレツ

「材料」

・ズッキーニ    ・たまねぎ
・ベーコン      ・卵

 

「作り方」
①塩コショウで具を炒め、溶き卵と混ぜる。

②中火にかけたフライパンで両面を焼くだけ。

  裏は軽く焼く程度でやんわり食感に!

 

バターを一欠け追加でかなりコクが出ます。ズッキーニも
火を通せばかなりの量をおいしく食べれますよ。(づま)