契約栽培がしたい!

平成29年5月号うまがんべぇより

3月16日に水に浸けたお米の種を4月21日に蒔きました。5月26日から3日かけて田植えをします。今年はどんなお米が育つのでしょうか。今からワクワクそしてドキドキしています。当たり前のことですが、お米などの作物は天候に左右されます。暖かいと育ちますし寒いと育ちません。肥料の効きも天候に左右されます。この辺りの用水は約13km離れた加藤谷川から堰を使って田んぼに流れてきます。堰の用水は山々の養分をたっぷり吸収しています。この用水のおかげで美味しいお米が育っていると言っても過言ではありません。そして朝の水入れのタイミングも重要です。1日1℃違うと10月の稲刈りまで130日ありますので大きな差になって出てきます。何事にも言えるのでしょうが日々の積み重ねが大切なのです。そして一番重要なのが稲との対話です。稲がどんな状態なのかを実際に触ったり眺めたりして判断します。稲の声を聞く人もいるくらいです。特に無農薬無肥料栽培のとか米では除草が重要なポイントです。稲が苦しそうにしている状態から早くのびのびした状態へ持っていけるかが腕の見せ所になります。10月の稲刈りまで体力勝負が続きますが、美味しい新米をお届けできるように毎日毎日一瞬一瞬を大切にしてきます。(とか)

とか流玄米菜食でデドックス

   玄米菜食を始めました。久しぶりです。数日経ちましたが、調子良いです。

調子。僕にとっての調子はやはりお通じ。デドックス。これが調子悪いと、まず腰が痛くなります。最悪だと歩けません。それほど、難敵です。
お通じが悪いと肌の調子も悪いそうですね。確かに医学的なことはわかりませんが、イメージだけで悪そうです。
僕の勧める玄米菜食は常に玄米菜食なわけではなく、朝食やお昼など、自分で調整可能な食事を可能なら玄米菜食にするもの。
真面目にやると大変だし、疲れるし、ストレスになります。むしろ楽しみにするくらいが丁度いい。
これも、とか流。
何事も楽しく。明日が待ち遠しくなるように。

玄米菜食始めました

   玄米菜食始めました。とか米を始めた理由は玄米を食べるため。玄米を食べるなら無農薬栽培ということで、とか米の栽培を始めたわけです。

  玄米を食べると身体の調子が良くなります。身体が軽くなり、集中が持続します。ただ気をつけないといけないのは、玄米菜食というくらいなので、肉を一緒に食べないこと。玄米自体栄養があるので肉を食べると栄養過多になるのです。食べ方の本はたくさんあるのでしょうから、そのあたりはそちらにお任せします。
  ともあれ、身体の変化が楽しみです。

種もみを水に浸してから10日目

 3月16日に種もみを60℃のお湯に10分間温水消毒して、その後、水に浸しました。

 

いわゆる芽出しです。

 

これで芽を出していきます。水につけるのは温度が均一になるから。

 

芽が出るには積算温度が100℃と言われています。2℃だと50日。

 

水温が約3℃だから33日。

 

種まきは4月21日なので間に合う計算です。

 

美味しいお米ができますように

  美味しいお米ができますように。

念願の伊勢参りに行って来ました。

トントン拍子に願いが叶った伊勢参り。
五穀豊穣を願い、外宮へ。
家内安全を願い、内宮へ。

清らかな気持ちになった家族旅行でした。

色々な人の願いが受け止める神宮に来て、私たちもたくさんの人たちのおかげで今があると改めて実感しています(._.)

特に家族の理解があってはじめてできるお米作りなんだなあと。

家族が笑顔でいられるように
そしてお米を食べてもらっているみなさまを笑顔でいてもらえるように

今後も精一杯取り組んでいきます。

人を褒めよう

  人を褒めよう。

人は褒められたら嬉しいもんです。誰だってそう。だから褒めましょう!

おべっかではなく、事実を伝えることが褒めること。

事実を正直にその瞬間に伝えればきっとそれが褒めることになります。

無理に褒めることを見つける必要がないです。あるがままを受け入れて受け止めて見つけて伝えればいい。

必要なのは、どう言われたら嬉しいか?を考えるだけ。いつ言われたら嬉しいか?を考えるだけ。

そうして欲しいことがあって、そうしてくれたら速攻で褒めましょう!

きっとそれがきっかけでうまくいきますよ。

楽しみと同じように悩みも共有する

  ドリームカップから2日目の朝です。雨模様の関東。大会期間中晴天に恵まれすぎて少し雨が欲しかったほどの天気でしたね。

大会期間中、たくさん人とお話し出来ました。久しぶりの人、先週もあった人、すんごく久しぶりの人、初対面の人。

たくさんの笑顔がそこにはありました。同時にたくさんの悩みもありました。人の数だけ悩みはあると言いますが、アルティメットを真剣に取り組んでいる以上、悩みは尽きないはずです。

むしろ悩みが無い真剣さなんて無いのでしょう。真剣であればあるほど悩みは深くなるのかもしれません。

悩みの原因を考えてみるとそれほど難しいことではないことがよくあります。しかし当人は気づかない。気づこうとするよりも問題を解決する方法を探してしまっているからだと思います。

ポイントは共有だと思います。悩みを共有する。打ち明けるのも良いでしょうし、貼り付けるのも良いでしょう。仲間と共有しチカラを貸してもらうのです。

そうすることで仲間も当事者意識が生まれ、自分の課題として取り組むようになってきます。これを継続するのです。

意外と良い方向に進みますよ。

走る方向を共有してますか?

  ドリームカップに来ています。この時期は1、2年生がぐっと伸びる時期です。私もこの時期にサイドスローの練習をして自信がついた記憶があります。

練習や試合を見ていると色々なことに気付かされます。

今日は2つ。どうしたらミスを減らせるか?ということと走る方向を決めるということ

今回は走る方向を決めることについて書きます。

私が学生のときに、走る方向について教わったことは2つ。

広い方向に走ることとディフェンスと反対に走ること。

この2つでほぼ90%大丈夫です。

残りの10%はまだ内緒ですー。

ぜひ明日の練習からお試しくださいね〜

ドリームカップが始まります

  ドリームカップが明日から始まります。
昨年は木曜日の設営と金曜日だけのスタッフでしたが今年はフルスタッフ。しかもよっしーと紗代までいる家族スタッフ。受け入れてもらえる懐の深さに感謝です。

ドリームカップは今年で19年目。

あれ、ーうちの結婚も19年目じゃなかったっけ。

あとで聞いてみよう。

明日から3日間素敵な笑顔がたくさん見れます。嬉しいですね〜

グランドに来るお子さんも年々多くなってきました。こちらも嬉しいですね〜
何と言っても家族の理解が必要ですからね。日頃の献身に感謝です。

私も微力ながら楽しい時間を過ごしてもらえるように頑張りまーす。