令和元年5月号序文

元号が平成から令和に変わりました。昭和から平成になるときは、御崩御の後でしたので、どうも喜べない、でも希望を抱きたい、そんな雰囲気だったと記憶しています。しかし今回の元号変更には前に進もうとする日本がある気がしています。令和という時代はこれからの若者が中心になっていくのでしょうが、私もあと50年くらいあるので、令和の時代を存分に楽しみたいと思っています。

 5月に入ると一気に忙しくなります。今は田んぼの苗を育てていますがすぐに田植えをして、6月に入ると田んぼの草取りが始まります。りんごの摘果も6月になったら開始します。大きな行事もありますが、日々細かい作業がたくさんあります。それも秋までのことです。雪が降ったらひと段落。一年が早く過ぎる理由がわかるような気がします。10連休には娘も帰省し、賑やかです。10連休は何をされてましたか?私は作業して、フリスビーをして、団らんしております。普段の生活にどこか華やかな気分をいただいて過ごしております。休みの日に働くという贅沢な時間の使い方ができるこの生活は最高です。『鹿の王』の最新版が出るということで、町の図書館に行きました。復習しておこうと思ったのです。久しぶりに読む『鹿の王』はやはり素晴らしい。まだ最新版は読んでいませんが、今からワクワクが止まりません。アニメ化されるという噂もあるようですね。楽しみです。地元の友人がディスクゴルフにはまりました。時間があると(近くの公園で練習しないかと)連絡してきてくれます。ずっと思い描いてきたことです。夢が叶った平成。現実が広がる令和。いい時代になりそうです。彼のおかげで人生がより楽しくなりました。

 97歳の祖母は大正生まれ。僕らよりも一つ多く時代を経験しています。残念ながら大正時代のことは話してくれませんが、大正、昭和、平成、令和と4つの時代を生き抜いてきた彼女の生命力を受け継いでいると思うと嬉しくそして誇りに思います。彼女に負けないように長生きし、令和の時代を生き抜いていきたいと切に願います。

4/22美味しいお酒が飲みたい。

先日の更新から9日も経っています。月日が流れるのは速いですね。昔から言われていることですが、やっぱりそれは変わってないのですね。9日の間には色々なことがありました。ここでは書いてはいけないことや書くには物足りないことまで。良いことも悪いこともあった気がします。でも、今こうやって書いているのだから良いことにしておきます。

 

土曜日には栃木リーグ第1戦が、日曜日にはビニルハウスのビニル張りがありました。どちらも大事なイベントです。栃木リーグでは114名の参加がありました。ありがたいことです。各チーム5試合をこなしてもらい、冬にたまったものを流してもらいました。僕も5試合ではなく、7試合もしました。冬にたまったものだけじゃなく、秋に溜めてしまったものも流した気がします。

 

ビニル張りもおかげさまで順調に終わりました。今は、JAでタネを蒔いてもらった『ひとめぼれ』の苗箱は芽を出すように並べてあります。さっき行ってみたら40度近くあったので換気をしました。太陽の力はすごいですね。あっという間に気温の変化をしちゃいます。もっと有効に使いたいと思うのですが。

 

僕は、人の笑顔を見るのが好きなのですね。まあそれは誰もがそうかのしれないですが、僕の場合、特に緊張から安心した時の笑顔が好きなのです。緊張と緩和。その繰り返しで人は笑顔になり、成長もしていく。緊張しっぱなしでも緩和しっぱなしでもいけない。その繰り返しが良いのです。

 

大好きなMr.Childrenの歌にもあります。一番美味しいお酒は一生懸命働いた後のお酒なのです。何かを成し遂げた後のご褒美なのです。

4/12始めてみると意外とできるってあるよね?考えるより動いてみた方がいいんじゃないの?

寒いです。雪降りました。福島市のほうでも9センチ、白河市だと14センチ積もったそうです。福島市は23年ぶりに桜の開花と積雪があったとか。写真撮影が趣味の方々は喜んでいたとか。

 

雪国に住んでいて、スキーやスノボーをしない生活ってなんだろうなあと思っていました。雪が邪魔者の生活です。雪が嫌いってことです。それは雪に対して失礼だし、せっかく雪が降っているのだから楽しまないとねって。

 

スキーが嫌いなわけじゃないんです。好きです(スキーなだけに)。でも億劫なんです。お金もかかるし。スノボーは20年位前に1回だけチャレンジしてやめました。できなかったからです。正直怖かった。

 

子どもたちが小学生だったときはスキー教室なるものがあって、強制的に(別に強制ではなかったけれど)スキー場に年2回くらい行ってました。でも卒業してしまうと、それっきり。スキーも壁に立てかけたまんまです。

 

雪が降ると、あーなんかやだなーと思ってしまいます。ゆきかたしをしないといけないからです。でも雪が降らないところから来たとしたらきっと楽しいアクティビティなはずです。

 

ものごとには必ず表と裏、楽しいことと辛いことがあります。歳を重ねるごとに辛いことから逃げている自分がいます。楽しいこと、できることしかしていない自分がいます。それはたぶん笑われたくないからです。

 

できないことをすることってはじめはできないからとっても恥ずかしいんです。ずっとできることをしてきた大人にとっては。あ、できないんだ!って思われたり、言われたりすることが耐えられないんですね。

 

でも、それを気にしないで始めてしまって、習慣づけてみると、いつの間にかできる自分がいる。パソコン操作だって書道だってスノボーだってそうです。ギターだってそうです。いつの間にか弾けるようになっている。うまいかどうかは別にして。

 

弾けるようになるにはどうしたらいいか?と考えをめぐらすことも大事なことでしょう。毎日弾くのか?まとめて弾くのか?弾きたい曲を練習するのか?ドリルみたいなものを弾くのか?考えるだけでワクワクしてくるのです。

 

ときめく片付けの法則のkonnmariさん。ときめきを探そうと断捨離を進めます。断捨離することで残ったものはときめくものばかり。そしてできた隙間もしくは空間に生まれるのが自由。自由こそ人間の尊厳であり、基本であります。

 

僕らは自由です。法律に抵触しない限り何をしてもいいのです。人に迷惑をかけなければいいのです。できないことから逃げずにまずは始めてみよう。そんな4月12日です。

4/11ブラックホールが撮影されたって!ゴルフではマスターズも始まるし、大変大変。

大学では物理学を学んだ。さっぱり解らなかったけど、神秘に迫る方法があるって知ってワクワクした。その神秘の一つがブラックホール。アインシュタインの一般相対性理論でその存在が予想されたけれども、光さえも吸い込んでしまうことからイメージでしか知らなかった。それが今日、ブラックホールが撮影できたと報道があった。

か知らなかった。それが今日、ブラックホールが撮影できたと報道があった。

感慨深い。物理学から離れて早四半世紀の僕ですら感慨深いのだから、当事者であったならば喜びもひとしおではないはず。バンジージャンプだってできちゃうだろう。

さらなる解析はこれからだろうが、ブラックホールを知ることで宇宙創成の神秘を知ることができる日がくるかも知れない。それも生きているうちに。

そして、今日からアメリカ、ジョージア州オーガスタでマスターズが始まる。ゴルファーであればおそらく全員が憧れるオーガスタGG。舞台といわれるあの場所は見ているだけでもワクワクする。いつか足を運んでみたい。

高校生の時、憧れたDr.タイフーン。物理学者でプロゴルファー。

4/10早起き習慣復活。新札も出ますね。

今朝は起きることができました。お休み効果です。昨晩のヨガも効いているのかも知れません。心も体もストレッチですね、はい。

起きて、youtubeでパーマカルチャーのビデオを字幕で観て、ヨガして、ゴルフコースを回りながらジョグ。そしてコーヒー淹れて、noteを書く。なんと規則正しい生活。目標も明確です。

新しい1日は誰にでもやってきます。寝たら次の日ですから。今日は昨日の続き、ではなくて、新しい1日です。寝たら一旦リセットです。リセットすることで新しいアイデアが生まれてくることもあるのでしょう。

新札も経済に新しいアイデアを与えてくれるのでしょう。肖像になる方々の地元愛も深まります。渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎。どの方々も今の時代の先駆けです。彼らのおかげで、豊かな、そして実りある社会があるのです。

僕の早起き生活が社会に何をもたらすのかはわかりません。が、しかし自分に与える影響は大きなものに違いありません。まだ目標に到達していませんが、ゆっくりとでも確実に自分の力で進んでいきたいと思います。

そして出来るだけやった。それは深さではなく、長さだと思っています。深くても短くてはインパクトがない。深く、長くは難しいので、浅く、長くを目指します。浅く、長く。そしてかっこよく。新札にはなれないけどね。

4/9雪が降っちゃってますが春は必ず来る。そういうもんでしょう。

朝、窓を開けたらこんな景色でした。何年か前に4月17日に大雪が降ったことがありました。その日はディスクゴルフの大会を予定していたのですが雪のため中止に。テントも壊れた1日でした。

今朝は大会も予定してないですし、テントも壊れてないのですが、昨日までの春陽気に誘われた気持ちが一旦停止です。寒いと思考停止になってしまうのですね。ハワイから来た友人が寒さのため寝てばかりいたのが今となってはわかります。

でも、必ず春は来るのです。きっと。しっかりとした足取りで。ただ今は足踏みをしている。この足踏みは春の勢いを増すことでしょう。その勢いに負けないで、いやその勢いに乗じて行ってしまおうとも思っています。

しかし、今朝は朝寝坊しました。言い訳はしません。寝坊しようと寝坊しました。もちろん昨晩は早起きのためにきちんと寝ましたよ。ビールも1本だけでしたし。でも、目覚ましが鳴った時に、寝坊を決めました。

早起き習慣にはいいことがたくさんあります。色々なことを朝のうちに済ますことができるし、本業へも自然と入れます。そして朝寝坊してもまだ早い!5時15分に目覚ましをかけていますが、6時までならまだ45分も寝れる!

やはり早起き習慣はいいことずくめです。明日からまた早起き習慣を続けます。でもまだ4時に起きる習慣は心の準備ができていない。

4/7今日から始まる新しい取り組み。マンスリーディスクゴルフ@大川ふるさと公園

さて、本日から始まりますマンスリーディスクゴルフ@大川ふるさと公園。朝8時半に集合して9ホールを2周回って終了。結果をどうするのかは未定ですが、まずは集まってラウンドすることがとても嬉しい。

始めるときは小さく、徐々に大きくしていく。イベントを始めるときの基本だけども、徐々に大きくしていくには継続が必須。継続してないと大きくならないしね。

このイベントがどういうイベントになってほしいか。それは今日から考えるとして、まずは第一歩を踏み出せたことに感謝しかありません。もしかしたら大きな影響を及ぼすイベントになるのかもしれませんが、それは今後。

ともあれ、あと30分で集合時間なのでそろそろ。淹れたてのコーヒーが一層美味しい。

4/6何かをしながら自分の気になることに繋げている。

糸井重里さんの言葉に、

最初に「うまくやらない」と決める。

いうのがあります。

でもどうしてもうまくやろうとしてしまうんです。結果を求めてしまう。細心に気をつけているんだけど、どこか狙っている自分がいます。いけるだろうとたかをくくっている自分がいるのです。

あ、これ、ディスクゴルフの話です。仕事の話ではありません。

奥田民生の歌にある「手引きのようなもの」も釣りの話を歌っているつもりが、君といるときの話になっています。もしかしたら、何かをしながらも、自分の一番気になっていることに心の奥深く、深層心理のところで繋げているのかもしれません。

自分の場合は、うまくやろうとしちゃうんだなあと今朝ディスクゴルフの帰りに思っちゃいました。だから糸井さんを尊敬しているんだな!

4/5ディスクゴルフをレベルアップしようとしたら、まるでゴルフと同じになってきた。

中学2年生から父の影響でゴルフを始めた。最初のラウンドは120くらいだった。スライスが直らず、左隣のホール向いて打っていた。アプローチも下手でグリーンに乗るまで行ったり来たりもした。

練習場で打っていると、7番アイアンも5番アイアンも3番アイアン同じ飛距離。クラブ通りの飛距離が出せずに悩んでいた。その理由はヘッドスピードがなかったこと。クラブヘッドを使ってなかったのだ。

素振りは毎日した。暇さえあれば、した。プラスチックのボールにテープを巻いて公園で練習した。今あるのかな、あのボール。

これです。これ。これにテープを巻いて打つんです。テープを巻かないとすぐ壊れてしまうからテープを巻きます。巻けばまくほど飛ぶから巻きは1回。2回だとよく曲がる。3回だと直進性が強まる。テープの重なりがあると飛びにブレが生じるから出来るだけ同じ重なりになるようにバランスよく巻く。その技術も仲間と競い合ったものでした。

自分のクラブはサンドウェッジ。ヘッドの下で打つとボールは低く、トップ気味になり、より遠くに飛ぶ。失敗するとただのトップになってしまうので、右手の角度と頭の高さを意識した。わざとダフらせて回転がないボールを打つこともあった。フック、スライス、フェイド、ドロー。コースに合わせて打っていった。あ、公園に自作の9ホールを作って遊んでました。穴ほっただけでしたけど。

7番アイアンだけでコースに出たこともありました。結果は95。普通に14本入れてラウンドするよりもスコアがいいのです。これは参りました。考えてみると14本満遍なく練習したわけではないので、当たり前です。

ディスクゴルフでも同じことが起こっています。1枚で回るのとたくさん持って回るのでスコアが変わりません。面白いものです。ディスクゴルフにもドライバー、フェアウェイドライバー、ミッドレンジ、アプローチ、パターと種類があります。また同じドライバーでも右に曲がるもの、左に曲がるもの、その浮遊性も浮かんでいるもの、早く落ちるものなど、ディスクによって様々な飛行をします。もちろん投げ方にもよります。ゴルフと同じですが、打ち方投げ方によって大きく変わってきます。

まずは、スローフォームやリズムを同じにすること。そして同じ重さにすることが大切なんだと感じています。好きなディスクを集めているのでは進歩は限られています。さて、楽しみが増えてきました。

4/4暇なときにすぐディスクゴルフができるこの環境に居たら、うまくなんなきゃね。

ディスクゴルフ。それはフリスビーを使ったゴルフ。パー3が基本。3回投げてゴール(バスケットと言います)に入ったらパー。2投がバーディ。4投がボギー。9ホールあるので27投で上がるとパープレー。

自宅から歩いてすぐのところにコースがある。大川ふるさと公園常設ディスクゴルフコース。バスケットは実は自費で設置して、町に寄贈した。

でもどこか後ろ髪が引かれてディスクゴルフができなかった。仕事しなさいと。確かにそうだ。もっとも。でもディスクゴルフもうまくなりさえすれば、仕事に繋がるかもしれない。アルティメット日本代表だからってディスクゴルフが下手ではかっこ悪い。

ということで、積極的にディスクゴルフにチャレンジします。うまくなって、見本になって、一緒にディスクゴルフしたいって思ってもらえるように頑張ります。まずは年間100ラウンド。52週だから週2〜3回と油断していると達成できないので、時間がる時にどんどんディスクゴルフしちゃいます。

好きなことを好きなだけできる環境を作る。そんな人生にしていきたい。それこそディスクヴィレッジ。

映像は18ホールで18アンダーという驚異的なスコアで回ったディスクゴルフの世界的スーパースター、ポール・マクベスの映像です。