早起きの仕方

早起きは人生の最も重大なポイントであり、全世界の若者を悩ます難問でもあります。

 

『歳とったら、早起きになるよ!』などという慰めは要らないのです。

明日のテストが問題なのです。

 

早起きのポイントは3つ。

 

1、早く寝る。

2、運動をして寝る。

3、爪もみをして寝る。

 

1、早く寝る。

早寝早起き。誰もが小学校時代に聞く言葉です。この言葉はまさに真実です。早く寝たら必ず早く起きます。早く寝すぎて4時ごろ目が覚めてしまうこともありますので注意が必要ですが、夜10時ごろに寝ればきっと朝は普段よりも目覚めがいいでしょう。

 

2、運動をして寝る。

運動をすると疲れて寝れます。大会などで運動した夜はぐっすり、もしくは知らないうちに寝落ちしていることはよくあることです。普段の生活でも、階段をダッシュしたり、自転車を立ち漕ぎしたり、緊張感のある生活の中に運動を取り入れると良いかもしれません。しかし雪国ではそううまくはいきませんね。雪があってダッシュできません。しようものなら滑って転んで入院生活になってしまう恐れがあります。早寝早起きになるので効果は大きかもしれませんが、オススメはしません。

運動を取り入れるのであれば、一人ではなく、誰かと一緒に運動することは効果が大きいです。一人だとどうしても自分に負けてしまいがちになりますので、気持ちの強い人と一緒に運動しましょう。運動といっても1時間走ろうというものではなく、10ー15分程度で十分だと思います。毎日続けることが肝要です。

運動はストレス発散や快便にもなるのでおすすめです。

 

3、爪もみをして寝る。

バイトや仕事などで早く寝ることができない、運動することもできない人にはこの爪もみがおすすめです。実際に私も毎晩布団に入って爪もみしています。

 

 

続きを読む

ホームページリニューアル

ホームページをリニューアルしています。

わかり易く。

面白く。

そう面白くすることを忘れてました。

面白くないと続かない。

持続可能な社会の実現です。

続きを読む

大人の修学旅行

大人の修学旅行にサンフランシスコへ行ってきます。1月18日に出発して、29日に戻る一人旅です。英語もろくに話せない僕の大人チャレンジです。サンフランシスコにはクラブジュニアUSAの石井くんやクルーズで一緒だったマット、昨年知り合いになったFuryのフィニー、Shadowsのピーターさんがいるので、何とかなるだろうと。フィニーには3年以内に行くって約束してしまったし。

 

人生、戻りたくはないけれども、やり残したことが一つだけある。留学であります。なぜ当時留学しなかったのかいまだに疑問だけれども、おそらくアメリカなんか行かなくたっていいぜい!てなノリだったに違いない。でもヨーロッパでもいいし、アフリカは怖いかな、南アメリカだっていいはず。見聞を広げる意味で行っておいたら違っただろに、なんて思ってましたが、本当に行ってしまって、今がないのも怖いので、あまり考えないようにしていました。

 

でも、結婚して、奥様がオーストラリアに留学してたり、英語で話しているのを見ていると、ふと小学生の時に字幕の映画を観た後に、独り言のように嘘っぱちの英語を話していたのを思い出しました。英語が話せるようになりたかったんだなあって。だから年末に奥様にサンフランシスコに行きたいって言ってみたら、あっけなく快諾。トントン拍子で決まりました。

 

有機農業とアルティメットを学んできます。僕はこの二つで食べていきたい。『とか米』と『とか塾』。アルティメットに出会い、とかとニックネームをつけられ、人生が変わった、『とか』。それを後世に繋げていけたらと。ありがたいことに、先輩や同世代、若い世代に知り合いがいるということがこんなにも心強いという感動を味わっています。

 

18日から29日までの一人旅。楽しんできます。

初投げ

母校の初投げに参加してきた。晴れた、風の無い日。それだけで祝福されている気分になる。ほとんど知らない現役の人たちとのアルティメットは自分の力量を知る上でとてもいいチャンス。そもそも通らないことを前提としてプレーするのだ。

4チームに分かれて、30分の総当たり。メンバーにも恵まれて、多分全勝。勝つことを目的にしてないから点数はあやふやだけども、得点シーンが多かったから、勝ったのでしょう。

母校の現役はとてもフレッシュ。少しの修正でもっとうまくなるでしょう。楽しみです。欲を言えば、リズムの取り方を意識したいかなあ。スローのリズムが一定。もっと高さを使ったスローもあると面白い。

久しぶりのアルティメットは、やはりワクワクした。ディスクゴルフも楽しいが、アルティメットとはやはり違う。爽快感がある。負けたとしても絶望感はない、まあ、練習だからね。

娘は娘でとても上手になった。誇らしい。今、もがいていることも良く分かった。苦しいだろうけど、それで良い。そうでないといけない。うまくいかないから、努力するし、考える。それがいいのだ。

選択肢を増やすこと。それが練習なのだと思う。今出来ることの精度を上げるより、選択肢を増やす練習を若いうちはすべきだと思う。必ずうまくなる。

洗濯ものを干すだけじゃなく、畳んだり出来た方がいいからね。

満腹と幸せ

お正月は格別である。仕事もせず、時間になれば、たらふく食べて、しこたま飲む。まるで海外に旅行に行ったような日々。

パンのために生きるにあらず、と説いたのは誰だったか忘れてしまったけど、満腹になるといつも思い出す。

昨日は飲むことはなかったけど、満腹だったようで、とても幸せな気分で寝てしまった。が、しかし。夢うつつに、幸せって違うんだよなぁと思ってしまった。

満腹なのはとても幸せな気分になる。でも、動きたくない。腕を動かすことさえ、億劫になる。テレビを観ながら布団に入った僕はもはや寝るほかなかった。

幸せとは満腹な気分とはやはり違う。幸せだから何もしたくないのではないのだ。むしろ誰かの為に動きたくなるものだ。幸せを分けてあげたいという気分ではなく、困っている人の手助けになりたいのだ。

朝ごはんを食べた今でも満腹です。お正月は恐ろしいですね。三が日の教訓は、足るを知るです。今から小岩でお父さん業です。

初詣

元旦は初詣に行く。地元の鎮守様、隣町の熊野神社。越谷市の久伊豆神社。清々しい気持ちになる、日本古来からある風習に有り難さを感じる。

かつて?東洋一の売り場面積を誇った越谷レイクタウンに行ってみた。たくさんの人たちの中に、たくさんの子連れがいた。カートに乗った子どもがスマホでユーチューブの動画らしき動画を観ていた。

毎食同じご飯を食べている人はさすがに多くはないだろう。栄養バランスが良いご飯も毎食だとバランスが崩れる。先程の映像を観ていた子どもも同じことが言えると思うんです。

カートに乗って映像を観る。それはそれで悪くない。ただ、自分の足で歩くこともあってもいいと思う。バランス良く行きて欲しい。好きなことをだけをすることも必要かもしれない。が、だ。やはりバランスが大切だと思うのだ。

無駄だと思うこと。面倒だと思うこと。そういうことも、敢えてやってみる。そんな好奇心も行動力も、やっぱり大切なんじゃないのか。世間やお母さんの間で悪者にされているゲームだって同じことが言える。バランスが大切なのだ。

息抜きばかりも良くないし、コンツメテバカリも良くない。ずっと休みも良くないさし、ずっと働いているのも良くない。

休みの日が続くお正月だって3日もあればそんなことを考えてしまう。明日から仕事の人もいるね。俺はまだ休み。お父さんの仕事をします。

おせち

うちにはおせちが無い。一般的な届いた届かないとニュースになってしまうようなおせちが無い。でもおせちと呼びはしないけれども、正月を迎える料理はある。しかもどれも美味しい。

 

まずは、手打ちそば。鶏ガラでしっかり出汁をとった汁が温かさを加える。うちの母は面倒だからといって、手打ちそばをうつ。普通は逆なのだろうけども、普段の夕飯に手打ち天ぷら蕎麦が出てくる。

 

棒たらの甘く煮たやつも美味しい。骨まで食べれる。単体でももちろんだがご飯のお供にもなる。

 

昆布締めもある。甘く煮た黒豆やさっぱりした大豆もある。

 

こづゆという伝統料理も美味しい。ザクザク煮と呼ぶ地方もある筍や里芋、人参などを小さく切ってホタテの出汁で煮たものだ。これまたうまい。

 

年末についたもちもある。

 

ともかく、どれもうまいのだ。びっくりするほど、うまい。

 

そして、美味しいから食べ過ぎてしまう。正月太りというやつだね。

幸せ太りと呼んでもらってもいい。幸せなのだ。

 

仕事もせず、美味しいものをいただく。旅行のようである。

雪が降った山々は映画のようだし、青空は澄んでいる。空気だって清々しい。

これから向かう東京が少し憂鬱であります。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます㊗️
今年もよろしくお願い致します。
いよいよ2019年ですね。

快晴の下郷町は、2019年を祝福してるわけじゃないけど、嬉しいもんです。雪降ってるのも、それはそれで嬉しい。

雪だって都会の人にしたら、厄介もんだけど、スキー場関係の人にしたら、恵の雪だからね。雪だって、ちゃんと有り難がられているのです。

そう考えたら、なんだか勇気が湧いてきます。厄介もんだけど、有り難がられる存在。要らないけど、必要不可欠。そんな人になりたいなぁ。

厄介もんにはなりたくはないけど、歳をとるにつれて、厄介もんプレーヤーになりつつあるのが正直なところ。人様にご迷惑をおかけしないように生きてきたつもりだけど、振り返ってみると、いやいやしかしそんな甘くはないよって若い自分に言い聞かせたい。

甘くはないのだけれど、甘く見てくれる人たちがたくさんいてくれたおかげで、今があるのは紛れもない事実。

なんだか、厄介もんプレーヤーなのを、歳のせいにしている自分も少し情けなく感じてきてしまった。これも歳のせいかな。

今年の目標は、2019年を2020年の前の年にしない、です。何をどうするかはわからないのですけどね。

勝ちたい気持ち

続きを読む

福島県立田島高等学校2年生アルティメット授業2学期終了

地元、田島高校2年生のアルティメット授業の2学期が本日終了した。

来年も継続して体育の授業として取り上げてもらえることになっている。

大変嬉しいことである。

 

担当の先生から、生徒たちが変わったと口にしてもらっていることは

イッパシの指導者として胸を張っていきたいことである。

17歳の変化をアルティメットが担うって結構凄いことなのです。

 

人の人生を変えるほどの威力を、アルティメットは持っている。

このブログを読んでいる人たちは同じように感じているだろう。

僕もその1人である。

 

生徒たちへどういう対応をしてきたかだが、いつも通りである。

出来たら褒め、出来なくても大丈夫という感じ。

常に笑顔で、常に真摯に。

 

信頼関係が一番と担当の先生はおっしゃっていた。

公文の佳恵先生も同じことを言っている。

このことは僕の指導の原点である。

 

信頼とは生徒に信頼してもらうのではなく、自分が信頼するのだ。

生徒を信頼して初めて、自分が信頼してもらえる。

信頼していないうちは、バレる。

 

バレたら最後。絶対に信頼関係は築けない。

取り返しが効かないのだ。

だから真摯に向き合う。

 

1人の人間として対等に話す。

教えるのではなく、一緒に成長する。

出来るだけ言葉は使わない。

 

言葉はナイフのように作用する。

慎重に選んでも、危ない。

非言語には暖かな含みがある。

 

この暖かな含みこそ、大切にしたいこと。

 

目で伝える。

人の白目はそのためにあるという。

目で伝える。良いよって。それで良いよって。

 

そして、ハイタッチ。

 

ハイタッチには魔力がある。

気持ちをハイにする魔力だ。

魔法にかけられたように笑顔になっていく。

 

笑顔こそ、人が生きていくことができる原動力だ。

笑顔を引き出すことこそ、本当の指導ではないか。

人を笑顔にする、そういう指導をこれからも続けていきたい。