世界大会と自分

4ヶ月ぶりの投稿です。

これまで書けませんでしたが、心に余裕ができたので書いてみます。

これを書いても読んでくれる人は少ないのがありがたいことです。

 

今年は世界大会イヤー。

カナダのウィニペグでクラブマスター選手権大会が開催され、Beersという40歳以上のグランドマスターの部に出場します。

Beersはもともと上智大学FreaksOBが中心で形成されたチームで僕にとっての大学の先輩や後輩がいます。

年齢もちょうどいいくらいのチームで、優勝を目指しているわけではないけど、楽しんで勝ちたいなあと。

 

チームの指針は、”粘る”

 

最後まで粘るのです。

 

そして無事帰ってくることも大事なことです。

 

46歳になってもアルティメットという運動強度のあるスポーツをやっていますが、

その理由を考えたことがありません。

 

考えてみても、楽しいからしか浮かんできません。

 

強いて言えば、これまでお世話になってきた恩返し。

大学での先輩のお誘いや同期の協力、後輩たちの頑張り、周囲の方々の恩恵。

その全てに対して恩返しをしたいと考えています。

 

自分ができることは小さなことです。

でもどっかで誰かが、僕がアルティメットしていることで勇気付けられたり

また復帰したりして、その人たちの人生にアルティメットが戻り

素敵な出会いや経験をしてもらえたらなあと思っています。

 

粘ることもその一つ。

 

諦めることはいつでもできます。

だから今は粘る。

 

世界大会は7月29日から8月6日まで。

 

僕は28日に出発して5日に帰ってきます。

(6日は決勝しかない、はず)

 

残り少ない日々を丁寧、過ごして、最後まで粘ってきます。

農業の始め方

その野菜を届けたい人がいますか?

 

そのお米を食べて欲しい人がいますか?

 

その果物で笑顔にしたい人がいますか?

 

もし、そういう人がいるのであれば、始めましょう。

 

そういう人がいないのであれば、今はやめておきましょう。

 

農業とは、農を生業にするのですが、 一番大切なことは、育てた作物を届けたい人がいるかどうかです。

 

届けたい人がいれば、多少の困難は乗り越えられます 。

 

それが家族でも構いませんし、大好きな人でもいいでしょう。

 

その人たちの笑顔を思い描きながら、日々、作物と向き合うのです。

 

それが、僕の考える農業の始め方です。

 

追記

(経営計画はしっかり立てましょう)

(一番の困難は販売計画です)

(貯金はたくさんあった方がいいです)

(一番早いのは農家の人と結婚すること)

(自分で育てた野菜は本当にうまい)

バック裏について

マーカーと正対してみると結構投げれます。

 

マーカーの方を向いてごらんなさい。

 

右に左に自由に投げれますから。

 

マーカーの左から投げればバック裏。

 

右から投げればサイド裏。

 

そんな感じです。

 

お試しあれ。

世界での勝ち方

 正直わかりません。

 

 ただ自分が渦中にいるとするならば、まず今の会員数を10倍にすることから始めます。

 

 東北リーグを始めてから強く感じたことですが、人口が増えれば間違いなくレベルは上がります。私が学生だった1990年から比べて今の学生さんはとても上手です。基本的な身体能力が高い人たちがアルティメットをするようになって来ました。 世界で戦うには基本的な身体能力が高い方が有利です。身体能力が高ければ、技術も獲得し易く、戦術面でも勝負出来るようになります。

 

 戦術面でも伸び代はあります。日本人選手ならではの戦術や相手の弱点をつく戦術など、チャレンジする余地は大いにあります。以前取り上げた孫子の兵法書の活用も検討すべきですし、世界の情報研究も必要でしょう。

 

 組織作りも重要なポイントですが、私は敢えて私たち1人ひとりの意識に着目したいと考えています。 勝つ為にアルティメットをするのではなく、1人ひとりのレベルを少しでも伸ばすようにアルティメットをするのです。具体的にはコーチングを行うのです。

 

 コーチングとは上手な人が教えるということではなく、こうしたらどう?とかここが良いからこうしてみようといった働きかけをするのです。 つまり、チームメイトの欠点を修正する働きかけではなく、良いところを見つけて、共有して、伸ばすのです。

 

 欠点を探す癖がついてしまっている私たちには非常に難しいことですが、コーチングが広く普及して、練習中や試合中の声がけが変わってきたならば、きっと人口が増え、戦術面でも進化を遂げ、試合中でも伸びて行く、世界で戦える人たちが現れてくるはずです。

ゾーンDのハメ方

真綿で首を絞める。

 

ゾーンディフェンスはそんな感じだと思ってください。

 

いつの間にか投げる場所がなくなっていく、そんなイメージです。

 

どこではめるというふしだらな考えではなく、徐々に追い詰めていくようにしましょう。

 

そのためには、相手に対し、優位に立つ何かがなければなりません。

それを見つけていきましょう。

 

1、状況

2、ポジション

3、スピード

4、サイズ

5、読み

 

1、状況

 風を味方につけることは戦術において非常に重要なポイントであることは誰もが認めるところでしょう。では、追い風と向かい風での違いを考えてディフェンスしているでしょうか?追い風で難しいスローや向かい風でも流れるスローを考えているでしょうか?スローワーによって追い風が得意な人、苦手な人がいることを把握しているでしょうか?スローの質によって、追い風で落ちてしまうことや向かい風で浮いてしまうことを知っているでしょうか?これらのことを総合的に判断して次の行動に活かしましょう。

 

2、ポジション

 ポジション、つまり人の配置はゾーンディフェンスの”肝”です。ポジションニングが悪いといくら頑張っても止めることはできません。では、どのような考え方で進めれば良いのでしょうか?

 私が考える方法は1人ずつ配置する方法です。マーカーはここ、次は、その次は、といった感じです。その際どんなことが想定されるかそれに間に合うかどうか間に合わないのであればどうするか想定してみましょう。

 

3、スピード

 相手よりも速く動けばディフェンスできることは想像に難くありません。でもそれが出来ないからゾーンディフェンスをしているケースもあるでしょう。 中学校や高校で速度という内容を学習したことを覚えているでしょうか?速度は速さと方向によって決まります。同じ方向に走る場合は方向が同じですから速さだけで比べられます。同じ方向に走ったのでは速さが速い人には敵いません。しかし違った方向に走れば勝つことが出来ます。 同じような考え方で、相手が走る前に動き出せば相手よりも速くなります。 この速さと方向、つまり速度を考えることで相手よりも速く動くことが出来るでしょう。

 

4、サイズ

 190cmのジミーミクル選手がマーカーだったらスルーザマーク出来るでしょうか? ジミーミクル選手が奥にディフェンスしていたらロングシュートが成功するでしょうか?

 体の大きさは武器になりますので、それを積極的に活用しましょう。相手にプレッシャーを与えるだけでもミスを誘います。1点を争うゲームになりがちな強風下ではミスは命とりです。

 

5、読み

 読みは想定とも言い換えることが出来ます。追い風だから、あの選手が持ったから、マーカーがアイツだから、この陣形だから、このスピードだから、ここに来る!と相手の考えを想定するのです。想定しているうちに本当にピッタリと当たることが多くなってきます。 いつの間にか投げる場所が無くなってきます。 想定しているうちに相手をじわじわと追い詰めていく。これが真綿で首を絞めることになるのです。

 

空間に残るスローのコツ

空間に残るように投げてみるってのはどうかしら?

 

人じゃなくて、空間に

 

ぽわんと

 

試合でやってみる前に、スロー練習でお試しください。

 

その前に、一人でもできますね、ぽわんと

 

ぽわんと投げて、走りこんでもらってください。

 

走りこむ人の走力やキャッチ力、そして風などの状況に合わせて、ぽわんと

 

 

そしてその反対として、メリハリとして、ビシッと投げてみることも必要になってきます。

 

右手めがけてビシッと

 

左手めがけてビシッと

 

ぽわんと投げる時も、ビシッと投げる時も、きちんと狙いを定めること

 

これ、重要です。

 

でも考えながらやってはダメです。

 

瞬間で判断しないといけない。

 

ぽわんとビシッと

スロー精度UPについて

 スローの精度UPはアルティメットいやディスクに携わる人たちの永遠のテーマと言えるでしょう。百獣の王”武井壮”は自分の思った通りに体が動かせることを大前提にしていましたが、今回のテーマに関しても同じことが言えるのではないでしょうか?

 しかしながら、それだけでは説明が不十分ですので、要素に分けて考えたいと思います。

 

1、神経を作る

2、距離を伸ばす

 

1、神経を作る

 体を動かすのは頭ではなく、神経であると個人的に考えています。その神経が出来さえすれば自ずと思った通りに投げることができます。それでは、その神経の作り方ですが、実は簡単なのです。それは、神経を作ると思いながら投げることです。 実際のスロー練習を見ていると、自分の思い描いたところに投げることができないと、手元を見ながら(確認しながら)投げ直している人を多く見かけます。いや大抵の人がそうです。これでは神経は作られません。目で確認しているうちは脳の見えるところ(顕在的脳みそと呼んでおきましょう)が働いて、体を動かすことで対処しようとします。(これはあくまで個人の見解です。決して脳科学的な知識ではありません)体を動かせば動かすほど、複雑化して決まったフォームで投げることができず、カオスに陥ります。怪我をしてしまう場合もあります。しかし、ある程度フォームがきちんと固まったのであれば、手元を見ずに、投げる場所を凝視して投げるべきです。そうすることで指先の感覚を確認することができ、神経が作られます。様々なスローを同じように投げることで、指先の神経が多数作られ、脳の奥深いところ(潜在的脳みそと呼んでおきましょう)が働き、瞬時の判断でも思い通りのスローが投げ分けられるようになります。

 

2、距離を伸ばす

 100%の力ではなく、80%もしくは50%の力で投げられたとしたら、コントロールは容易になります。100m飛ばせる人が80mや50mの距離は容易に投げ分けることができます。反対に50mがやっとの人が50m投げたのではどこに行くかわからないことは自明のことです。普段のスロー練習から30m投げられる人は40mに、40m投げれられる人は50mに、80m投げられる人は100mにチャレンジすることが重要です。

 

まとめ

 キャプテン翼の翼くんはボールが友達でした。私たちもディスクが友達にならなければいけません。神経を作る。つまりは今ある神経では足りないのですから、新たしい神経を作る、そういう気概が必要となってきます。

とか3月号序文

私たちが住んでいる下郷町には温泉が2箇所あり、湯野上温泉駅には足湯もあります。先日両足首を痛め、歩くこともままならないときに湯野上温泉駅の足湯に7日間通いました(足湯無料です!)。初日に比較的軽い右足が治り、3日目に左足首が緩み、4日目に完治。血流も良くなったのか身体中がポカポカになりました。7日間も通う必要も無かったのですが、湯治だと思い、通いました。それ以来、足首は痛くありません。湯治の効能は素晴らしいですね。ご存知の通り、下郷町は過疎化の一途を辿っています。30年前中学生だった私の同級生は約120人。現在の0歳児は10人程度だとか。医療機関も限られています。体調が悪くなったり怪我をしたら大騒ぎです。しかし今回の足湯で私は下郷町に住んでいて本当によかったと実感しています。少し足を伸ばせば(車で10分!)素敵な温泉があり、身体を休めることができます。30分ほど足湯をしていると気持ちまでもゆったりと暖かくなってきます。最近では湯野上温泉に外国からのお客様も増え、国際交流も可能です。最近話題になっている”インスタ映え”もしますので、ぜひ春になりましたらお越しください。お待ちしております。一緒に足湯しましょう!(とか)

カットの踏み方が単調であるのでレパートリーが欲しい

ご質問のお答えをしばらく考えていましたら、カットの踏み方のバリエーションがあってもパスがもらえないのではいけないのではないか?という問いにたどり着きました。

ご質問のお答えにはなっておりませんが、パスがもらえるにはという方向でお伝えしたいと思います。
パスをもらうには?
1、自分(レシーバー)
2、スローワー
3、ディフェンス
4、スタック
のポイントがあります。
1、自分(レシーバー)
自分が走ることでパスが飛んできます。走らなくても飛んでくることもありますが、たいていは走りに対して飛んできます。
それでは、その”走る”ことについて考えてみましょう。
(1)タイミング
タイミングが一番難しいのですが、一番難しい問題を解いたのであればあとはゆったりとすすめることができるでしょう。タイミングは一言で言えば、”カン”と”修正”です。
”カン”に関しては、天性のものが100%なのでどうしようもありません。あきらめてください。
私が重視しているのは”修正”の方です。
多くのプレーヤーがタイミングで悩んでいるのをずっと不思議に思っていました。しかしある時、学生とツイートしている時に気付いたのです。
「自分のタイミングで走っているからもらえない」
投げる人のタイミングで走るのです。
(2)場所、方向
走ることは自由です。どこに走ってもその人の自由です。しかし、走った先がパスを投げる人の投げたくない場所だったり、そもそも届かない場所だったりすることがほとんです。だからいくら懸命に走ってもパスは飛んでこないのです。
投げる人が投げたい場所に走るのです。
2、スローワー
パスを投げる人のことをスローワーと呼びますが、パスを成功させる事柄について主導権を握っているのはスローワーです。スローワーが投げるか投げないかを瞬時に(あるいは試合前から)考え、行動に移していくのです。
「スローワーが投げたいタイミングで、
 スローワーが投げたい場所に
 投げてもいいかなって思える方向から、走る」
3、ディフェンス
オフェンスにはたいていの場合、ディフェンスが付いています。付いていない場合は相当の猛者か相当なめられている場合のどちらかでしょう。この両者の場合について議論する時間はないので、忘れましょう。
ディフェンスの立ち位置は、そのディフェンスの経験によって決められます。もちろんディフェンスの種類にも拠ってきますが、マンツーマンディフェンスですからその人の経験値で決まります。ですからそのディフェンスがどういう経験値の人なのかを見定める必要があります。つまり、次のポイントでディフェンスを探っていきます。
(1)どこが嫌なのか?
(2)どこを見ているのか?
(3)学習能力は高いか?
(1)どこが嫌なのか?
ディフェンスがどこが嫌なのかを知ることは大変重要なことです。奥が嫌いなのかミートが嫌いなのか、サイドアップが好きなのか嫌いなのか。ハンドラーに付くのが嫌いなのか好きなのか?
それらを瞬時に探ります。
(2)どこを見ているのか?
上手なディフェンスほどスローワーとレシーバー(あなた)の両方を見るように立ち位置を変えていくでしょう。両方見ないと不安なのです。不安なのであれば不安になるように自分の立ち位置を変えてみましょう。具体的にはディフェンスの背中側に走るようにするのです。そうすることでディフェンスはあなただけを見ることになり、不安が判断を鈍らせていき、試合の最後には最初の頃のアグレッシブさはなくなっているはずです。
(3)学習能力は高いか?
学習能力が高いプレーヤーは試合中、それも早い段階で選手やチームの特徴を把握し、適応させてきます。試合前の練習でも見破られてしまう場合もあります。もし自分に学習能力が高いプレーヤーが付いてしまった場合には、あなたは相手チームの評価が高いことの証明となります。持ち前のより高い学習能力をフル活用して動き回るか、諦めてスタックの一部と化すか、ご判断ください。
4、スタック
自分がいくら走ろうとも、人がいる場所に走ったのでは、パスは飛んで来ません。しかし、
「わかっちゃいるけど、やめられない」
そういう心境の人も多いはず。人がいない場所に走ることは難しいことなのです。それでは、どうするか?
「鬼ごっこ」だと思ってプレーする
「鬼ごっこ」は捕まらないように、人がいない場所に走ったり、あえて人がいる場所に隠れたりしますね。同じことをコート内でしてみましょう。アルティメットだと思うから難しいのです。「鬼ごっこ」だと勘違いして走ってください。きっとパスは飛んでくるはずです。
5、まとめ
カットの踏み方は角度や長さ、タイミングを変えれば千差万別になりますが、それよりも違った視点でアルティメットと取り組んでみてはいかがでしょうか?

チームのリーダに必要なこと

まず、最初に僕はリーダーではありませんし、リーダーになろうとも思っていません。リーダーは素質だからです。リーダーには、なろうと思ってなれるものでは無いと思っています。

 

リーダーというと強く引っ張っていくイメージがあると思うのですが、僕はそう思っていません。リーダーは日頃の振る舞いで人を惹きつけ、人の心に火を灯し、リーダーのためになりたいと思える人が自然と増えていくのがリーダーだと思っています。

 

でも、もし、僕がリーダーだと思ってこの質問をしてきたのであれば、僕が日頃から心がけていることを書いてみますと以下の4つになります。

 

1、常に応援者になる

2、常に楽しそうにやる

3、常に新しいことにチャレンジする

4、ロールモデルを探し、その人のように振舞う

 

1、常に応援者になる

人は応援されたら嬉しいものです。僕だってそうです。だから常に応援し続けています。このブログもそうですし、知り合いになったらできるだけのことはしていこうと思っています。株式会社クラブジュニア吉田社長は僕の素晴らしいロールモデルです。彼にしていただいたことを僕はしているだけです。ご存知の通り、彼は自宅に学生を泊め(先日は会社を合宿所にしてしまった!)、奥様の和美さんは手料理を振舞いながら(超美味しい)、学生の夢に向かって最大限協力しています(最近お邪魔していないので吉田家ロスですが)。応援することで、仲間が増えることは最大の喜びです。チームのメンバーの最大で最高の応援者になりましょう。

 

 

2、常に楽しそうにやる

初めて世界大会に出場できたのは大学2年生の時。カナダのトロントでした。広くて澄んだ青い空。どこまでも続く芝生。音楽が流れ、目を見張るような素晴らしいプレー。そしてたくさんの笑顔。その光景が今のアルティメット東北リーグのモデルになっていますが、僕たちはどんなことがあっても楽しそうにスタッフをしようと最初に決めました。スタッフが楽しそうな大会って楽しいですよね。真剣にでも楽しそうに。それは、普段の練習でも大会でも大会運営でも人生でも同じことだと思います。試合で失敗しても笑顔で謝って、次につなげればいいのではないでしょうか。

 

3、常に新しいことにチャレンジする

温故知新ということわざがありますが、僕たちはこのことわざを常に心掛ける必要があると思っています。昔取った杵柄にしがみついていてはいけないのです。僕にとっては、このブログもそうですし、FACEBOOKやTWITTER、INSTAGRAMなどのSNSもそうです。若者との交流は、まさにチャレンジです。今から始めればきっとうまくなるだろうし、やらないことよりずっと素敵です。2016年の世界大会に一緒に出場した清水亮介くんからいただいた言葉で、大好きな言葉を記しておきます。

 

Better late than never.

 

やりはじめるのに遅いということはない

 

 

僕のフェイスブックの自己紹介にもしています。

チームのために必要だと思うことはどんどんチャレンジしていく姿勢が必要だと思いますし、それを受け入れる心も必要だと思います。

 

 

4、ロールモデルを探し、その人のように振舞う

自分がなりたい人のように振舞うことはとても大切なことです。お金持ちになりたかったらお金持ちのように振舞うといいのだそうです。僕には4人のロールモデルがいます。

 

1、吉田昭彦(株式会社クラブジュニア 代表取締役社長)

2、糸井重里(ほぼ日主宰)

3、カズ(プロサッカー選手)

4、木村秋則(世界で初めて無農薬のりんご栽培に成功した人)

 

顔写真を手帳に貼って、同じように振舞っています。

 

同じように、自分のロールモデルを探し、その人のように振舞ってみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に

冒頭にも書きましたが、リーダーはなろうと思ってなれるものではないと思っています。しかし、リーダーのように振舞うことはできると思います。チームのためにやれることを最大限実施し、最高の仲間と最高のシーズンにして欲しいと切に願っています。

 

 

facebook


米
利用可能クレジットカード
決済方法