風が強い時のスローはこう投げる

風が強い時って投げたくない人ってたくさんいますね。

 

そういう人の共通点があります。

 

「投げない」

 

はい、そうです。投げないのです。

 

でも投げないとうまくはなりません。

 

実はそういうところで差が開いてしまう場合が多いのです。

 

でも、投げない人の気持ちもわかります。

 

失敗したくないのです。失敗することで傷つきたくないし、人に迷惑もかけたくない、そういう心持ちだと思います。

 

実際私も始めたばかりの頃はそうでした。だからこそ練習して一人前と認めてもらえるように、そして自分自身を褒めれるように、自信を持って臨めるようにしてきました。

 

ぼくの最初のポジションはディープ(昔はトップと呼ばれていました)。そして投げられるようになってミドルというポジションに(今で言えばカッターになるのかしら)。福島に帰ってきてからハンドラーをやるようになりました。

 

だからぼくは生まれつきのハンドラーではありません。

 

話が逸れましたが、風が強い時はどうしたら良いのでしょうか?

 

それは、

 

「ディスクを水平に投げる」

 

です。そして、

 

「できるだけ低いところから投げる」

 

です。

 

「ディスクを水平に投げる」ことができればある程度の風なら問題なく投げることができます。水平にとは、前後左右水平ということです。

 

練習してみてください。練習あるのみです。

 

「できるだけ低いところから投げる」ことは、風の影響を受けないエリアが地面に近いところであることを指します。地面付近は意外と風が弱いです。

 

そして、最後に、難しいかもしれませんが

 

「風の目を読む」

 

があります。

 

以前ブログでも書いたことがあるのですが、風には潮目のような風目があります。風の特徴というか風の影響を受けにくいところがあるのです。そこに投げるとほぼ影響は受けません。

 

以上、3つのことを書きましたが、いずれも練習が必要です。スローは練習あるのみです。

オフェンスセットの心構え

 オフェンスセットの心構え

 

アザレアゲームズのとか塾で聞きたいことにあった項目です。

 

アルティメットだけでなく、オフェンスの役目はもちろん点を取ること。それに尽きます。

 

点を取ればいいのかと簡単に考えますが、それはそんなにうまくいかないことの方が多いです。

 

相手(ディフェンス)があることですし、風や雨などの天気も影響するでしょうし、オフェンスセットの他のメンバーの状況もあるでしょう。要因を考えれば考えるほど難しいと感じざるをえません。

 

点を取れる能力をもったメンバーを集めればいいのかというとそうでもない。そこも難しいところです。しかしここは監督やコーチといった首脳陣の範囲なのでここでは省きます。

 

オフェンスメンバーにとって一番重要なことは何か?

 

答えはずばり、

 

『気持ちを揃えること』

 

 

人は感情の生き物です。感情がパフォーマンスを上げ下げします。感情をコントロールできれば一流です。感情を超越できれば超一流です。

 

動き出したけどパスが来ないとき、どう感じますか?

 

嬉しいですか?

悲しいですか?

悔しいですか?

 

常に感情は訴えてくるはずです。パスをもらえない状況が続いたらどうですか?

 

嬉しいですか?

悲しいですか?

悔しいですか?

また次に走りたいと思いえますか?

 

おそらく走りたくないはずです。パスがもらえないのですから。

 

だからこそ「フリーな人にはパスを投げる」ことが重要になってくるのです。

 

パスがもらえるから、自分の行動を肯定される。自分が肯定されるのです。

 

この連鎖こそオフェンスセットの心構えなのです。

 

パスをつなぐことで肯定感を育み、気持ちを揃えていくのです。

 

その結果として点が取れるようになっていきます。

 

一人二人のパフォーマンスで点を取ったところで一過性のものでしかありません。むしろ最初は歓迎されますが、徐々に心が離れていくでしょう。あいつに任せておけばいいのだから、と。そうなった瞬間チームでなくなります。

 

『気持ちを揃える』

 

そのために、フリーな人には必ずパスを投げる。技術はそのためにある。

 

これがオフェンスセットの心構えです。

 

体を信じる

アザレアゲームズが終わりました。

記念すべき5回目。

175人の笑顔で満たされた素敵な時間でした。

 

体を信じる

 

昨晩寝ているときに、浮かんだ言葉です。

 

「なぜ投げれないんだろう」

 

「どうしたら投げれるようになるんだろう」

 

一見同じことを示しているように感じます。

 

なぜ投げれないんだろう」

 

どうしたら投げれるようになるんだろう」

 

こうしたらどうでしょうか?

 

なぜ投げれないんだろう」には、なぜ・・・ないという否定的な考えが

 

どうしたら投げれるようになるんだろう」にはどうしたら・・・なるという肯定的な考え方がそれぞれ表現されています。

 

否定的な考えには、おそらく自分にはできないかもしれないという不安が根底にあるのだと思います。

 

肯定的な考えには、おそらく自分にはできるはずだけど、どうしたらいいんだろうという好奇心(向上心)があるのだと思います。

 

 

どうせ同じようなことをするのであれば、自分を信じ、体を信じて欲しいと思います。

 

言葉は言霊(ことだま)を言われるくらい力があります。

 

考えにも同じように、いやもっと大きな力がります。

 

その力を借りて、より大きい成果を得るためには、肯定的な考えが有益です。

 

寝床で浮かんだ「体を信じる」という言葉を覚えてられるかなあと頭をよぎった時も、

 

『あ、そうだ、こういうことだ』と思い直し、

 

『きっと思い出すよ』と自分に言い聞かせました。

 

 

 

そして今このブログを書いています。

 

ゾーンディフェンスで気をつけること 声

水曜日が金曜日になってしまいましたが、火曜日の続きです。

 

ゾーンディフェンスで気をつけることは火曜日書いた通りですが、大事なことが2つあります。

 

ひとつは、常に修正すること。

 

ゾーンディフェンスをかけられた時にオフェンスが仕掛けてくる作戦はチームによって、選手たちによって、そして天候によって違ってきます。

 

ロングスローが得意であれば大きなプレーを中心に組み立ててくるでしょうし、短いパス、例えばカップの間を狙う人もいるでしょう。そして天候、特に風には影響されることが大きいはずです。それらを踏まえてディフェンスを仕掛けていきます。

 

ロングスローが得意でないチームで風が強い時はロングスローはありませんので前目つまりディスクに近い方を中心に守っていきます。

 

ロングスローが得意なチームに対しては、むしろ投げさせるように仕掛けていきます。

 

得意なプレーが躊躇なくできるようにしないことがカギになります。

 

 

 

そして、最後に一番大事なこと。それはもちろん「声」です。

 

この「声」こそがゾーンディフェンスのカギになります。

 

コートに立っている人の指示系統、つまり誰が誰に声を出すのかを決め、嘘でもいいからオフェンスよりも先に指示を出し、見方を動かします。それによりコースが限定させます。

 

コートの外の人は、全体的に声を出すのではなく、パスが出そうになるときの「アップ」コールと一番後ろにいる人への声かけをします。

 

この「声」出しこそが一番重要で一番難しいとされています。

 

この「声」出しのコツはありません。ただ常に「声」を出して指示をすることです。

 

気をつけたいのは、その人のセンスで「声」を出すのではなく、人やディスクの動きを伝えるだけにします。

 

「右に走りそうだ!」

「後ろに人がいる!」

「あ、投げそうだ!」

 

などでいいのです。現状を伝えるようにしましょう。

 

そうすることで、相手の動きや投げる癖がつかめてきたら最高です。

 

よくPDCAサイクルと言いますが、まさしくその通りです。

 

考えて

やってみて

調整して

やってみる

 

明日のアザレアゲームズで早速チャレンジしてほしいですね。

 

 

 

 

 

0 コメント

7つの習慣を読みはじめました

7つの習慣を読み始めました。ずっと気になっていましたが、心のどこかで敬遠していまして。それがなぜだかわかっているのですが、一歩が踏み出せず。

 

企業のメディア化®塾の先生である大見先生がしきりに

 

「原則」

 

とお話しされていて、

 

「原則」ってなんだろう?

 

と心に引っかかっていました。(まあそのときに聞けばいいんでしょうけれどもね)

 

7つの習慣を読み進めていくうちに、この「原則」がでてきます。そこでようやくわかりました。

 

この本は一生ものの本になりそうです。

 

簡単に言ってしまえば、自分から生きて行くということ。

 

facebook


米
利用可能クレジットカード
決済方法