雪は神様からの贈り物

雪は神様からの贈り物

 

高校3年生の時に思った言葉。

高校生の頃は感受性も強く、言葉に力があることを知った。

ある日の帰り道、月が雪道に照らし出す明るさに、感動した。

 

雪は神様からの贈り物

 

12月から翌年の3月まで一面の銀世界になる。

しかしそれもその期間だけだ。

残りの季節には雪はない。

 

日本は長い。

同じ月でも夏のようなところもあれば

バナナが凍る地域もある。

世界中に思いを馳せれば、もっと違いはある。

 

たしかに雪は面倒な時もある。

車の運転や毎朝の除雪。

でも、この時期しか味わえないと思えば、やっぱり贈り物なんだと。

 

一面を白で覆い尽くす自然の力には畏敬の念すら感じる。

どうやってもそれをとめることはできない。

自然の力はそういうものだ。

 

たった一つの雪はとても小さく、

1cm積もるのにどれだけの量の雪が必要なのか

想像もつかない。

 

しかし雪はそれを成し遂げるのだ。

 

 

 

facebook

米
利用可能クレジットカード
決済方法