ディフェンスが苦手な人が押さえたい4つのポイント①

アルティメットを教えていて一番質問されることが


『ディフェンスが弱いのですが、どうしたら良いですか?』


というもの。ぼくはもともとオフェンスが好きなプレーヤーなのでいつもはディフェンスを考えてはいません。ただオフェンス側から嫌なディフェンスはたくさん知っていますので、その視点からいつも伝えるようにしています。

そのポイントは以下の4つ。

1、体力

2、一人で守らない

3、読み

4、ノートをつける


1、体力

  アルティメットで一番重要で一番取り組みにくのがこの体力だと思います。最後まで走りきることができれば、、、という敗戦の弁は常套句だと思います。ディフェンスにおいてもこの体力が一番重要な要素となります。つまり最後までオフェンスについていくことができれば何かしらの作戦を立てることができますが、走り負けてしまってはその後のオフェンスはもちろん試合展開までも影響を及ぼしてしまうからです。

 それでは、どのような体力をつければいいのか?

それは簡単で、40分ハーフの試合であればその時間、50分流しであればその時間で走り回ることができるような体力です。

 アルティメットではダッシュ、ジョギングを繰り返しますね。トレーニングでも同じようにダッシュ、ジョギングを繰り返すインターバルトレーニングが良いです。はじめは5分くらいから始めてみると良いですが、最終的には40分のトレーニングができれば十分です。

 試合後のトレーニングも有効です。試合は全力で取り組むのでその後の残りの体力は少なくなってます。その状態でインターバルトレーニングをすると効果は大きいです。

 そして絶対にしてはいけないことがあります。誰かに命じられて取り組むことです。誰かに命じられて行うトレーニングはただの作業であって自分のためになりませんし、ストレスがたまり非常に良くありません。トレーニングは自分のために自分で計画を立てて実行しましょう!

      

facebook

米
利用可能クレジットカード
決済方法