オフェンスセットの心構え

 オフェンスセットの心構え

 

アザレアゲームズのとか塾で聞きたいことにあった項目です。

 

アルティメットだけでなく、オフェンスの役目はもちろん点を取ること。それに尽きます。

 

点を取ればいいのかと簡単に考えますが、それはそんなにうまくいかないことの方が多いです。

 

相手(ディフェンス)があることですし、風や雨などの天気も影響するでしょうし、オフェンスセットの他のメンバーの状況もあるでしょう。要因を考えれば考えるほど難しいと感じざるをえません。

 

点を取れる能力をもったメンバーを集めればいいのかというとそうでもない。そこも難しいところです。しかしここは監督やコーチといった首脳陣の範囲なのでここでは省きます。

 

オフェンスメンバーにとって一番重要なことは何か?

 

答えはずばり、

 

『気持ちを揃えること』

 

 

人は感情の生き物です。感情がパフォーマンスを上げ下げします。感情をコントロールできれば一流です。感情を超越できれば超一流です。

 

動き出したけどパスが来ないとき、どう感じますか?

 

嬉しいですか?

悲しいですか?

悔しいですか?

 

常に感情は訴えてくるはずです。パスをもらえない状況が続いたらどうですか?

 

嬉しいですか?

悲しいですか?

悔しいですか?

また次に走りたいと思いえますか?

 

おそらく走りたくないはずです。パスがもらえないのですから。

 

だからこそ「フリーな人にはパスを投げる」ことが重要になってくるのです。

 

パスがもらえるから、自分の行動を肯定される。自分が肯定されるのです。

 

この連鎖こそオフェンスセットの心構えなのです。

 

パスをつなぐことで肯定感を育み、気持ちを揃えていくのです。

 

その結果として点が取れるようになっていきます。

 

一人二人のパフォーマンスで点を取ったところで一過性のものでしかありません。むしろ最初は歓迎されますが、徐々に心が離れていくでしょう。あいつに任せておけばいいのだから、と。そうなった瞬間チームでなくなります。

 

『気持ちを揃える』

 

そのために、フリーな人には必ずパスを投げる。技術はそのためにある。

 

これがオフェンスセットの心構えです。

 

facebook

米
利用可能クレジットカード
決済方法