祖父がしてきたこと

祖父が他界して5年になるのかな。

あまり夢とかに出てこないけど、先日ふと出てきた。

なんてことはない、祖父の仕事の様子が流れていた。

 

祖父は常に祖母から働かないとぼやかれていた。

たしかにはたから見ててもそうだった。

 

でも、今振り返ると、祖父の仕事がきちんとあったのだ。

 

仕事は大まかに分けて、作業班と指示する人に分かれる。

作業班ばかりだと方向性が怪しくなる場合があるし

指示する人が多いと作業自体が進まない。

 

祖父は指示する側の人だったのだ。

祖母は作業班。

 

祖父は作業が効率よく回るように先回りして行動していたのだ。

 

祖父は戦争体験者だ。

ふとももには銃弾の跡があった。

しかし拘留もされず、無事戻ってきた。

 

戦争は私たちが知らない、大変過酷な状況だ。

生命を断ちに行くのだから当たり前であるが

今の私たちには到底耐えられないだろう。

 

そんな状況で祖父は学んだのだと思う。

人が同じ方向を向かうにはどうしたらいいのか、を。

 

祖父がいなくなった今、ようやく祖父の偉大さを改めて知った。

facebook

米
利用可能クレジットカード
決済方法