練習と試合の差

新潟アルティメットナイトの帰り道、仲川さん野球の質問をしてみた。

 

野球の練習と試合の差について。

 

野球ほど、練習と試合の差がある競技はないと思う。練習はグランドにたくさんの人がいるし、試合中は9人。試合ではいろんなケースがあり、その練習をしている練習はない。ただひたすら基礎練習のみ。

 

試合って感覚が大事だと常々感じているので、その差にいつも閉口していました。

 

試合中の感覚ってどこで知ればいいのか!って。

誰が教えてくれるのか!って。

いっつも怒ってばかりの監督となんで!の連発の保護者。

いつも見ているのが嫌でした。(今でも見たくはないです)

 

フォアボールを出したくて出すピッチャーはいないし、三振だってしたくてしたいわけじゃない。真面目にやっているけどできないのだ。悔しいのは本人なのだ。謝るべきなのは監督なのだ。保護者は次に向かえるように励ましてあげるべきなのだ。

 

楽しそうに野球をやってる子供たちを、楽しそうにキャッチボールしている子供たちをもう一度見たい。

facebook


米
利用可能クレジットカード
決済方法