万年筆を買いました

万年筆を買いました。手紙を書こうと決めたからです。誰に書こうと思っているわけではないですが、買いました。

 

文字を書くことは文字を打つことと決定的に違います。文字が相手に届くということは同じなのですが、打った文字は誰かが作った文字。自分の文字ではない。そこが決定的に違うのです。

 

自分の書いた文字がそのまま届くということは、その時の気持ちさえも現れてくるのです。打った文字だとその気持ちは伝わらない。急いでいる時にとりあえず打っておこうとした文字と書いた文字では全く違ったものになります。

 

万年筆を買ったのにはもう一つ理由がありました。文字をゆっくり書きたいのです。文字をゆっくり書くということは相手に対する時間をしっかり持つということです。その時間こそが相手を想うということ。お会いすることはできないけれども手紙ならお届けできる。

 

相手を想うことを大切にしたい。今年はよりそれを高めていきたいです。

facebook

米
利用可能クレジットカード
決済方法