カテゴリ:ひとりごと



人生いろいろ · 2020/11/27
激動の1年が今月で終了します。 猪や熊、猿、カラスなどの鳥獣被害や天候の変動などの心配事よりももっと大きな大きなコロナインフルエンザ。2020年がなかったかのように静かに、しかし大きく変動してきました。...
人生いろいろ · 2020/11/10
11月に入り、あっという間に10日が過ぎます。息子が言っていたのですが体感した時間だけ歳を取るとのこと。だとしたらまだ30歳くらいなのかもしれない。...
人生いろいろ · 2020/10/29
 新米が美味しいです。お茶碗によそう量が少しずつ増え、気がつくと山盛りになってしまっています。これでは食後のデザートのりんごに辿りつかないと思いきや、4つ切りを4つも食べてしまいます。農繁期で忙しく働いているとはいえ、体重計に乗るのが怖い今日この頃です。...
人生いろいろ · 2020/10/11
いよいよ令和2年さんの新米が食べれています。美味しいですね。元気が出ます。3月に種を水に浸し、芽を出し、ビニールハウスを準備して、その中で種まきして、毎日水やりして、雀の食害から守りつつ、田植えしました。秋に美味しくなるようにと、毎朝水見をして、草取りして、追肥して、猪の脅威を毎日感じつつ、自然の力の前になすすべなく。7月は雨降りで、8月はかんかん暑く。9月もまた雀の食害からイネを守りつつ、収穫に備えてきました。そして稲刈りになったら、秋雨に台風で稲刈りが進まず。今日現在もあと2日で稲刈りが終わるというのに、明日も雨模様。ふう。 しかし、新米は美味しい。昨年まではそれほど感じなかったけれども、新米が美味しく感じられるようになった。年齢のせいかお米のできがいいのか。どちらにせよ、美味しいので良かった。美味しいお米を育てることを目標にしてきたので、とても満足しています。 りんごも美味しいです。りんごの敵はカラスとスズメバチ。彼らは強敵です。半分くらいになってしまった木もあります。少しくらいならと気を許していた少し前の自分に言ってやりたいです。『油断するな』と。『彼らは強敵だぞ』と。 でも、あと1ヶ月くらいでその心配も終わってしまいます。11月11日ごろには、りんごの王様”フジ”の収穫真っ最中。今の懸念事項は、猿。ここまで出てきた獣の中で最強でしょう。猿にはどう対応していいのか、まったくわかりません。でも、きっと大丈夫だと信じています。なんとかできる、そうも信じています。 最近はアルティメットではなく、ディスクゴルフをしていますが、30年のキャリアで初めてホールインワンをしました。今年の目標が一つ達成できてとても誇らしいです。素敵な友人たちとその瞬間を共有できたことも良かったです。 家に帰ってきて、祝杯をあげたのでほろ酔いです。 さあ、これから本格的に祝杯をあげることにします。
人生いろいろ · 2020/09/26
 稲刈りの時期になった途端、一気に秋になりました。ストーブを出すかどうか真剣に考える程です。寝具は冬ものを出し、これまで39度でも熱く感じたお風呂の温度は42度になりました。アイスクリームも恋しくなくなりましたし、ビールよりも熱燗が飲みたい今日この頃です。...
人生いろいろ · 2020/09/10
稲刈りの準備が始まっています。何をするかと言えば、畔の草刈り、乾燥機やコンバイン、籾摺り機械、選別機の掃除、軽トラックの荷台にもみを入れるコンテナや籾殻を溜めて運ぶ簡易コンテナを設置し、新しい米袋を購入し、小屋も綺麗に掃除します。今年は放射能検査がなくなるのでその分の手間はありませんが、稲刈りが始まったら休みなしなので準備をしっかりします。 今年は夏が暑かったので、いいお米がとれそうです。心配事は猪。猪に田んぼをめちゃめちゃにされないように、飼い猫の排泄物を田んぼの周りに置いて、匂いに敏感な猪避けにしています。あとは祈るばかりです。 新米にはやっぱり敵わないと思うんです。蔵に保管し、除湿機で24時間365日除湿してもやっぱり新米には敵わない。。それは”1年分のお久しぶり!”が詰まっているからだと最近思っています。新米のほかは新茶くらいでしょうか。最近”旬”がなくなってきていますから、新茶や新米にはいつまでも頑張って生き残って欲しいです。南半球でお米を作ると春に新米が出てきちゃうんですよね。そうしたら”半年分のお久しぶり”になってしまうので”!”はつかないし、世界中でお米を作って輸入したら、もしかして1年中新米を食べれちゃうかもしれない。それはやっぱり寂しいことです。僕らのまわりにはたくさんの食べ物があって、ずっと檜舞台に立つ瞬間を待っています。それが”旬”。その瞬間のためにずっと頑張っている。毎日お米が新米だったら、それはそれでやっぱり嫌なものです。 日本には春夏秋冬の四季があり、立春や大暑などの二十四節気があって、あやめが咲き始める6月末の菖蒲華などの七十二候があります。七十二侯は約五日程度で次の候に変わります。お米に関しては10月3日ごろからの水始涸(みずはじめてかる)があり、この頃水田の水を抜いていたそうです。今年は1ヶ月くらい暦から早いですね。五日ごとに”旬”を食べる。そういう生活を送れるように日々心がけていきたいです。 でもとりあえずは新米をお楽しみにしていてください。(とか)
人生いろいろ · 2020/08/25
溶けるほど暑い日々が続いています。40度にもなる地域での過ごし方を思うと不憫でなりません。こちらはまだ35度前後ですし、夜になるれば、さーっと涼しい風が窓から入ってきます。窓を開けて寝ると朝方寒くて目が覚めてしまいます。...
人生いろいろ · 2020/08/10
昨日、猪がうちのうらまでやってきたようです。捕まえて食べてしまいたい衝動にかられました。 でも、今日田んぼで作業をしていたら、狐が隣の畑で死んでいました。近所の人がまいた”毒”を食べたそうです。その様(死んだ狐)を見ると、猪を食べてしまおうという考えは吹き飛びました。...
人生いろいろ · 2020/07/28
今月は新米の稲穂が出ます。出穂(しゅっすい、こちらでは”でほ”と呼んでいます)は田植えから約80日程度と言われているので例年だと8月10日ごろでしょうか。今年は雨が多い年ですね。7月はほとんど雨だった気がしています。特に九州では大変な被害もありました。こちらは被害こそありませんが、日照不足が懸念されます。先月も触れましたが野生動物の出没も心配の種です。自然にはやはり勝てないのでしょうか。 先日生まれて初めて猪を見ました。公園でフリスビーの練習をみんなでしているところに現れましたが、勝てないと直感しました。戦国時代、織田信長が鉄砲を手に入れた理由が今なら少しだけわかる気がします。 こちらでは少しずつ以前のような生活が戻ってきました。アルティメットの練習やヨガの教室も再開しています。もちろん感染症対策をしながらですが、”withコロナ”という新しい生活様式に慣れようとしています。  3密を避けようとWHOが日本方式を提唱し始めたと聞きました。世界的に見てやはり日本は誇るべき国だと思います。テレビなどで報道されている数字を比べてみると一目瞭然です。もはや以前ような生活には戻れないかもしれませんが、”withコロナ”という新しい生活様式での生活も悪くありません。個人的にはマスクをしながらの日常生活はまだ違和感がありますが、3密を避けつつ、今できることを丁寧にしていきたいと思っています。まずは、おいしいお米とりんごを育てて、皆様にお届けすることです。 8月は晴れますように。 今日は玄太郎の16回目の誕生日。おめでとう。
人生いろいろ · 2020/07/11
人のために何ができるか。自分が世の中の役に立つにはどんなことができるだろうか。そしてまた世の中の人は僕に何を期待してくれているだろうか。世の中の人という大きな枠組みではなく、知り合いたちは僕にどんなことを期待しているのだろうか。たまに考えています。  いまの答えは、「たいして期待してない」です。...

さらに表示する